へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 12日

私説法然伝29

『私説法然伝』(29)極楽への道④

 先月号では「念佛」について書きました。今月はその続きになります。

【阿弥陀佛への念佛とは何か?それについて考えるにはまず阿弥陀佛とは一体どのような佛であるのかを知らなければならない。阿弥陀佛とは、ある王が無上のさとりを得るために、世自在王佛(せじざいおうぶつ)という佛の弟子となり法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)となった。法蔵菩薩は全ての存在を救い取るという四十八の「本願(ほんがん)」(佛になるためにたてる誓い)をたて、途方もなく長い時間をかけて修行を重ねて、全ての「本願」を成就して阿弥陀佛となった。阿弥陀とはアミタ=無量の意味を持つ。阿弥陀佛の別名には無量寿佛(むりょうじゅぶつ)と無量光佛(むりょうこうぶつ)とがある。無量寿とは無限の寿命を持つという意味になり、無量光とは無限の光を持つという意味となる。無限の寿命は「本願」=救いは時間的制約を受けない、つまりいつでもいつまでも救い取られていることを示す。無量光の光は範囲を示し、全ての存在を照らす、つまり「本願」=救いに範囲の限定がないことを示している。阿弥陀佛とは法蔵菩薩の「本願」=全ての存在を救い取ることが成就したことを現した名前を持つ佛なのである。
では「本願」=全ての存在を救い取るということはどういうことか?阿弥陀佛は、はるか昔に本願成就され西方極楽浄土という名前の佛の世界を建立され説法を続けられているという。全ての存在が、その阿弥陀佛の世界へ往き生まれ、阿弥陀佛のもとで佛と成っていくことが「本願」=全ての存在を救い取るということである。
阿弥陀佛への念佛の「本質」は阿弥陀佛の「本質」とも言える「本願」への念佛とも言える。それはつまり「西方極楽浄土へ往き生まれることを願う」ということでもある。
では人々はどのようにそれを願っていたのであろうか?また、どうして願わなければなかったのであろうか?そして法然上人はいかにして「本願」と向き合う事になったのであろうか?】
 
 現在の我々は「阿弥陀佛」に関しても「念佛」に関しても簡単にその詳細を知ることができます。しかし法然上人の時代は大変な苦労を重ね、勉学を重ねて、一つ一つ知識を重ねて、ようやくたどり着けたのでしょう。また、今現在と違って日本で手に入る情報にも限りがありました。その中で人々がどのようにして阿弥陀佛や念佛と向き合っていたのかを見ていくことによって、法然上人がどのようにして「本願」と出会い、向き合っていかれたのかが理解出来るのではないでしょうか?

[PR]

by hechimayakushi | 2017-06-12 14:23 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toujyuji.exblog.jp/tb/237090599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私説法然伝30      お知らせ >>