へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 08日

私説法然伝24

 『私説法然伝』(24)法然誕生⑧

 先月号では藤原摂関家における不協和音について書きました。今月はその続きになります。

【保元元年(一一五六年)七月二日鳥羽法皇が崩御(ほうぎょ)される。同月五日、「上皇左府同心して軍を発し、国家を傾け奉らんと欲す」という風聞に対応するため、勅命により検非違使(けびいし)の平基盛(たいらのもともり)らが召集され、京中の武士の動きを停止する措置が取られた。同月八日には、忠実・頼長親子が荘園から兵を集めることを禁止する後白河天皇の綸旨(りんじ)が諸国に下されると同時に、高階俊成(たかしなとしなり)と源義朝(みなもとのよしとも)が東三条殿を差し押さえた。頼長卿を謀反人としたのである。藤原摂関家の氏の長者が謀反人とされるのは前代未聞のことであった。
 それらは後白河天皇の綸旨・勅命でなされたが、その背後には側近の信西入道がいたとされる。同月九日の深夜、崇徳上皇は鳥羽離宮田中殿を脱出し、白河北殿へと入った。打つ手がなくなった頼長卿も同月十日白河北殿へと入る。もはや崇徳上皇の下で挙兵するしか事態を打開する手段がなくなったのである。しかし私兵しかいない崇徳上皇側と後白河天皇側との兵力の差は歴然としていた。崇徳上皇は平家棟梁たる平清盛(たいらのきよもり)の支持を期待していたとされる。当時の武家における最大勢力が平家であった。しかし平清盛は後白河天皇側へ付いてしまう。この時点で趨勢は決まったも同然であった。同月十日、後白河天皇の召集に応じて後白河天皇の本拠地高松殿に警護役であった源義朝をはじめ、平清盛ら主だった武士が集まる。軍議において信西入道、源義朝らが夜襲を主張し、十一日未明には白河北殿を急襲する。崇徳上皇側の源為朝(みなもとのためとも)らの活躍もあり、後白河天皇側は攻めあぐねるが、白河北殿に隣接する藤原家成邸に火を放ち、延焼させ白河北殿を落とすことに成功した。
 崇徳上皇、頼長卿らは逃亡し、忠実卿も宇治より南都へと逃亡する。その日のうちに戦功褒賞と忠通卿を氏の長者とする宣旨が下されたが、氏の長者の地位は藤原摂関家が決めるものとしてこれを辞退している。同月十三日には崇徳上皇が異母弟覚性法親王(かくしょうほっしんのう)を頼るが断られ、源重成(みなもとのしげなり)監視下に置かれる。頼長卿は首に矢傷を負いながらも南都まで逃げ延びるが、忠実卿に会うことすら拒絶され絶命する。同月十九日謀反人とされた忠実卿の持つ所領の没収を避けるため、忠通卿は先に下された氏の長者任命の宣旨を受け入れた。同月二十三日に崇徳上皇は讃岐配流となった。
 後に保元の乱と呼ばれる戦いは終わり、結果的に藤原摂関家の決定的な没落と、武家の躍進、そして後白河天皇を中心とする新体制がスタートすることになるのである。】

[PR]

# by hechimayakushi | 2017-01-08 00:08 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 11日

私説法然伝23

『私説法然伝』(23) 法然誕生⑦

 先月号では藤原摂関家における不協和音について書きました。今月はその続きになります。

【久安(きゅうあん)六年(一一五〇年)一月四日のことである。近衛天皇が元服し頼長卿の長女多子(まさるこ)が同月十日に入内する。そして十九日には女御となる。それに対して忠通卿は二月に藤原伊通(これみち)卿の娘呈子(しめこ)を入内させた。これにより忠通・頼長兄弟の対立は修復不可能となったのである。そして忠実卿は強硬手段に出る。藤原摂関家の象徴である東三条殿(ひがしさんじょうでん)や朱器台盤(しゅきだいばん)を接収し氏の長者としての地位を剥奪した。姉の藤原泰子(高陽院)も頼長につき、鳥羽院も終始曖昧な態度をとり、忠通卿は関白に留めたまま頼長卿に内覧の宣旨を下すという事態に至った。
 兄弟で関白職と内覧を分けるという異常事態ではあるが、これにより頼長卿は政治的実権を握ることができたことは間違いない。頼長卿が目指したのは何か?藤原摂関家の権勢の回復もさることながら、最も重視したのは律(りつ)と令(りょう)、そして儒教的な思想に基づく政治体制である。つまり法律と倫理による政治を行おうとしたのである。
 その姿勢は論理的に明確かつ理想的ではあったが、周囲の理解を得ることはできず、鳥羽院の寵臣の藤原家成卿との争いもあり、鳥羽院より疎んじられることになっていく。やがて政治的に孤立し、それが争乱の一因となるのである。
 久寿二年(一一五五年)七月、近衛天皇が崩御する。後継者を決める王者議定(おうじゃぎじょう)の場に参加したのは源雅定(みなもとのまささだ)卿と三条公教(さんじょうきみのり)卿で、いずれも美福門院得子(びふくもんいんとくこ)と関係の深い公卿だった。候補としては重仁(しげひと)親王が最有力だったが、美福門院得子のもう一人の養子・守仁王(もりひとおう・後の二条天皇)が即位するまでの中継ぎとして、その父の雅仁(まさひと)親王が立太子しないまま二十九歳で即位することになった(後白河天皇)。 突然の雅仁親王擁立の背景には、雅仁親王の乳母の夫である信西入道の思惑があったと言われる。
 世間には近衛天皇の死は忠実・頼長が呪詛したためという噂が流れていた。頼長卿は内覧の宣旨を解かれ政治的に失脚し、忠実卿は頼長卿を謹慎させ連絡役である泰子(高陽院)を通じて法皇の信頼を取り戻そうとしたが、十二月に泰子(高陽院)が逝去したことでその望みを絶たれた。
 兄弟間の対立や頼長卿の清廉なれど独善的な政治によって藤原摂関家そのものの力をまた失っていったのである。
 そのような状況の中で保元元年(一一五六年)、鳥羽法皇の崩御となったのである。それは藤原摂関家の「権勢」の崩壊の序章となるのであった】

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-12-11 23:24 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日

平成28年糸瓜薬師御正当

a0149268_11542298.jpg
a0149268_11541482.jpg
今年も無事に糸瓜薬師御正当が勤修されました。
ご参拝くだされた皆様に厚く御礼申し上げます。


[PR]

# by hechimayakushi | 2016-11-12 11:55 | 寺務日誌 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日

私説法然伝22

『私説法然伝』(22)法然誕生⑥

 先月号では鳥羽法皇の崩御、保元元年における歴史的状況を書きました。今月はその続きになります。

【藤原摂関家の権勢は藤原道長・頼通親子時代に頂点を迎えていたが、院政期にはその力を落としていた。諸説あるが白河法皇の父である後三条天皇による親政の最大の特徴は「延久(えんきゅう)の荘園整理令」と呼ばれる記録荘園券契所(きろくしょうえんけんけいしょ)を設置した一連の改革によって藤原摂関家の経済的基盤であった各地の荘園をいくつも失ったことによるものである。そして白河院の御代より本格的な院政期に入ると復権の機会を完全に失う事になった。 
 白河院政期から鳥羽院政期にかけて「氏の長者」として藤原摂関家を率いていたのが藤原忠実(ただざね)卿である。忠実卿は叔父である興福寺別当の覚信(かくしん)の罷免問題をとりなそうとして白河院の怒りを買うことになり、若くして藤原摂関家を継ぎ復権を目指そうとしていた矢先に政務への関与の一切を拒否されることとなった。その後も白河院時代はまさに不遇の時代を過ごすこととなる。ついには白河院の逆鱗に触れ、息子の藤原忠通(ただみち)卿を氏の長者とし、忠実卿は宇治にて蟄居となってしまった。だが鳥羽院政のはじまりと共に内覧(ないらん)(天皇に上奏される文章を先に見ること・役職の一つとして摂政・関白が内覧の宣旨(せんじ)を受けることが多い)となり政権に復帰を果たす。だが、関白職は息子の忠通卿が勤めている。その関係は次第に悪化していくこととなる。忠通卿に実子がなかったため、忠実卿は忠通卿の弟となる藤原頼長(よりなが)卿を忠通卿の養子とする。だが、忠通卿に実子の藤原基実が生まれると我が子に藤原摂関家の氏の長者の地位と関白職を継がせたく思い、忠実・頼長親子との関係性は悪化し最悪の状況となった。
 不遇の時代を過ごした忠実卿の悲願はただ一つ藤原摂関家の復権であった。その為には二つ重要となる点があった。一つは天皇の外戚となることで、これは娘の泰子が鳥羽上皇の后となることで達成できた。もう一つは権力の集中化である。その為には忠通卿では心許なかった。後に「悪左府(あくさふ)」と呼ばれるほど苛烈にして妥協を知らない性格でありながら甥となる天台座主慈円から「日本一の大学生(だいがくしょう)」と評されるほどの学識の高さを誇った頼長卿の存在が不可欠だと考えた忠実卿は何とかして頼長卿に政治的な実権を握らせたかったに違いない。
 だが忠通卿からしたら、自分を退けようとする父のやり方には不信感を抱かざるおえなかったであろう。やがて決定的な事件が起こってしまう。】

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-11-12 11:38 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 13日

私説法然伝21

『私説法然伝』(21)法然誕生⑤

 先月号では法然上人が奈良をはじめとする各地の著名な僧侶を訪ね「求(ぐ)法(ほう)」、言い変えれば法然上人にとっての「佛教的な答え」を求めましたが、その答えを得ることができなかったところまで書きました。
 法然上人は再び比叡山延暦寺の黒谷へ戻ることになるのです。

【法然上人は答えが見つからぬまま比叡山黒谷へと戻った。その時の法然上人は一体何を思い、何を考えていたのだろうか。
 法然上人の清涼寺参籠、そして南都諸宗遊学は確実に法然上人に変化をもたらした。
 少なくとも今までの方法論では確実に行き詰まることは明白であった。つまり自分自身の力や能力で佛教的な「さとり」の境涯への到達は不可能だと法然上人は思い知ったのである。そして清涼寺で出会った人々、僧侶として専門に佛教を修めることは出来ないがひたすら「佛」を求める人々はどうすれば良いのか?という命題である。 法然上人の中でさまざまな疑問点が生まれたのである。
 そんな中、時代も確実に変化していた。 保元元年(ほうげんがんねん・一一五六年)七月二日、治天の君として君臨していた鳥羽法皇が崩御する。それはまるで堰(せき)が壊れたかのようであった。長く続いた「院政政治」の崩壊の始まりである。それは次の「治天の君」を決める争いの始まりであり、次の「時代の潮流」を決める争いの始まりでもあった。
 鳥羽法皇と中宮であった待賢門院璋子(たいけんもんいんたまこ)との間の子であった崇徳(すとく)上皇はこの時すでに退位されていた。鳥羽法皇が寵愛した美福門院得子(びふくもんいんとくこ)との子である近衛天皇を即位させるためである。近衛天皇は崇徳上皇の中宮(天皇の妻・后)である藤原聖子(ふじわらのきよこ)の養子としての即位となった。しかし「皇太子」としての即位ではなく「皇太弟」としての即位であった。これは崇徳上皇による院政が不可能であることを示している。つまり鳥羽法皇が実権を握り続け、崇徳上皇を政治から退けたのである。近衛天皇即位の翌年には待賢門院璋子は美福門院得子呪詛の嫌疑で出家に追い込まれたのである。
 崇徳上皇はひたすら鳥羽法皇の崩御を待ち望んでいたに違いない。そこまでの思いはなくとも、鳥羽法皇の次は自分が治天の君として君臨する、そう思い描いていたことは間違いない。
 しかし、事態はそう簡単ではなかった。長く続いた院政下でひたすら耐え続け、復権の日を待ち望んでいたのが藤原摂関家である。だがその藤原摂関家そのものが二分されていたのである。】

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-10-13 16:27 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)