へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 05日

私説法然伝15

『私説法然伝』(15)比叡山延暦寺にて③

 先月号では勢至丸こと法然上人が十五歳にして出家され、天台宗の教えを学ばれ、十八歳の時に遁世(とんせい)の為に慈眼房叡空(じげんぼうえいくう)の元へ行かれたところまで書きました。
 法然上人の十五歳から十八歳までの間については諸説あり、断言はできかねる部分が多いのですが、大切な事は「誰の下で弟子となったのか?」ということです。
 法然上人は勢至丸時代はまず叔父の観覚(かんがく)の下にいます。比叡山延暦寺に登ると源光(げんこう)の下に入ります。そして皇円阿闍梨(こうえんあじゃり)の下へ行き、最後に叡空の下へ入ったというのが『法然上人行状絵図』(四十八巻伝)の説ですが、『法然上人伝記』(醍醐本・勢観坊源智(せいかんぼうげんち)著)によると法然上人の師は十五歳の時より叡空ただ一人とあります。なぜそのように違いがあるのか?
 以前にも書きましたが、僧侶とは師の下で出家して初めて僧侶となります。得度という出家するための儀式過程を経て僧侶となります。得度とは簡単に言えば師や先輩僧侶の前で戒を授かり護ることを誓うことです。ですので法然上人も戒壇院にて戒を授けられて初めて僧侶となられました。先月号で「そうであるならば戒師(かいし)は皇円阿闍梨であろうか?『法然上人行状絵図』にはその点の記述は無い」と記述したのには理由があります。
 私たち西山浄土宗の僧侶、つまり西山派と呼ばれる法然上人の弟子の證空上人門下は、證空上人が法然上人より授けられた戒(円頓戒(えんどんかい)・大乗菩薩戒)を受け継いでいます。この戒は師資相承(ししそうじょう)、つまり「流れ・系譜」があります。それを戒脈(かいみゃく)と言い、釈尊以来脈々と受け継がれた流れなのです。
 『法然上人行状絵図』第十巻に「法然上人は慈覚大師円仁(じがくだいしえんにん)より数えて九代目の円頓戒の正当な後継者」というくだりがあり、法然上人は慈覚大師円仁の戒脈を受け継いでいるということになります。
 この戒脈、円頓戒の流れはいくつかあり、慈覚大師正流、恵心流(えしんりゅう)、檀那流(だんなりゅう)、三井流(みついりゅう)などがあります。法然上人が受け継いだのが慈覚大師正流で、最澄→慈覚大師円仁→慈念→慈忍→源心→禅仁→良忍→叡空→法然と相承したと法然作と伝えられる『授菩薩戒儀則(じゅぼさつかいぎそく)』(黒谷古本戒儀)等にあります。
 無論、私たちの受け継いだ戒脈も慈覚大師正流の円頓戒となります。
 話が非常にややこやしくなりました。戒脈から考えると法然上人の師といえるのは叡空であると言えるのでしょう。源光や皇円は学問や作法の師であったと考える方が自然でしょうし、学問的な師もまた諸説あります。「師」というものは僧侶にとってとても大切な存在です。戒脈を授けられる師が正当の師と言えますが、しかしながら学問や作法を授けられる師もまた師であるのです。

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-04-05 20:04 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 05日

私説法然伝14

『私説法然伝』(14)比叡山延暦寺にて②

  勢至丸の出家は何時のことか?『法然上人行状絵図(ほうねんしょうにんぎょうじょうえず)』第四段には「久安三年(一一四七年)十一月八日」のことであったとあります。勢至丸の年齢は十五歳。今の世ではまだ中高生の年齢で、まだまだ子供として扱われる年頃でしょうが、当時では大人の仲間入りの年頃となります。
 以前にも法然上人の出家・得度の年齢は各伝記共通して十五歳であると書きました。しかし相違点があるのは出家の「原因」となる部分です。この『私説法然伝』で以前に書いたのは「法然上人の父時国(ときくに)が定明(さだあきら)という敵に襲撃され、その時の傷が元で時国が絶命することになり、その時の遺言により出家することを決意する」というものでした。これは多くの伝記でそう書かれているものでありますが、実は古い伝記にはその記述がないものがあります。「醍醐本(だいごぼん)」と呼ばれる法然上人の弟子の勢観坊源智(せいかんぼうげんち)上人の書かれた伝記です。これによりますと父の時国襲撃は無く、叔父の観覚の弟子となっていた法然上人は比叡山延暦寺に登り十五歳の時に出家し、その後父の時国が殺害された、とあるのです。また、西山派の学僧である行観(ぎょうかん)上人は『選択本願念佛集秘鈔(せんちゃくほんがんねんぶつしゅうひしょう)』にて法然上人は十歳で観覚の弟子となり、十四歳で比叡山延暦寺の登り十五歳で出家、と記述しています。法然上人の伝記は多岐にわたり、どの説が正しいのかどうかは断言しかねる部分があります。また、その「差異」が法然上人にどのような影響をもたらしたのかについても断言することは不可能だと言えます。ほぼ確定事項として言えるのが、法然上人は十五歳で出家された、ということです。 では、その出家は一体どのようなものであったのでしょうか?
『法然上人行状絵図』によれば勢至丸の出家は久安三年十一月八日のことであったという。剃髪し、戒壇院(かいだんいん)にて大乗菩薩戒を授けられた、とだけある。その時は皇円阿闍梨の弟子であるとされている。そうであるならば戒師(かいし)は皇円阿闍梨であろうか?『法然上人行状絵図』にはその点の記述は無い。出家後すぐに皇円阿闍梨に隠遁することを願い出たとある。皇円阿闍梨はそれを許さず、まずは天台三台部をはじめとする天台教学を学んでからにせよと諌めたと伝えられる。勢至丸は皇円阿闍梨に言われた通り三年かけて天台教学を学んだ。しかし隠遁の志は消えず、名利を追うことを嫌い、久安六年(一一五〇年)九月十二日、十八歳となった勢至丸は西塔黒谷(さいとうくろたに)の慈眼房叡空(じげんぼうえいくう)の庵室を訪ねて行くのである。】
 ここで慈眼房叡空という僧侶が登場します。勢至丸こと法然上人はついに出家されるのですが、それは思っていた通りの僧侶としての生活ではなかったことが伺い知ることができます。

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-03-05 23:11 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 07日

私説法然伝13

『私説法然伝』(13)比叡山延暦寺にて①

  先月号では勢至丸(せいしまる)こと法然上人がいよいよ比叡山延暦寺へ登る=出家されるために京の都へと入られました。その時の様子が『法然上人行状絵図』に記されています。
【京の都に入った勢至丸は、叔父の観覚(かんがく)より預かった書状を従者を通して比叡山延暦寺の西塔北谷(さいとうきただに)の持宝房源光(じほうぼうげんこう)の元へと届ける。その書状には大聖文殊菩薩像(だいしょうもんじゅぼさつぞう)を一体進上するとあった。源光に大聖文殊菩薩像について問われた使者はただ勢至丸のみが都に来ていると告げると源光は大聖文殊菩薩像とは勢至丸のことだと察知したという。すぐに迎えをやり勢至丸を比叡山延暦寺へと登らせたという。それは二月十五日のことであった。そして試しに『四教義(しきょうぎ)』(天台宗の教義大綱書・入門書)を読ませてみると勢至丸は疑問に思った箇所を源光に質問した。その箇所は昔から天台宗にて議論されている箇所であった。勢至丸の非凡な才能を認めた源光は二ヶ月後に功徳院の皇円阿闍梨(こうえんあじゃり)の元へ勢至丸を送った。勢至丸の非凡な才覚は源光の手に余ると考えたとある。皇円阿闍梨は関白藤原道兼(ふじわらみちかね)の玄孫にあたり、豊前守藤原重兼(ふじはらしげかね)の子として肥後の国玉名荘(現在の熊本県玉名市)に生まれ、幼くして比叡山延暦寺に登り皇覚の下で出家得度し椙生流(すぎうりゅう・天台宗の顕教を学ぶ学派)を学び、比叡山延暦寺の功徳院に住し、その学識から人々の尊敬を集めていた学僧である。
 勢至丸は皇円の下で天台宗の教学について学ぶこととなったのである。勢至丸が皇円の下へ来る時に、満月が自室へ入る夢を見た、聡明な勢至丸と出会う前兆であったのだろう、と語ったという。】
 ここで以前にも登場した持宝房源光と、皇円阿闍梨という二人の師が登場します。 持宝房源光については以前にも書いた通りあまり詳しくは資料も残ってはいませんが、叔父観覚の比叡山延暦寺での同窓の友とも伝えれています。皇円阿闍梨は当時から高名な学僧で、関白藤原道兼の玄孫という血筋です。兄は肥後守藤原資隆で、そこから通称肥後の阿闍梨と呼ばれていました。『扶桑略記(ふそうりゃっき)』の著者として有名で、勢至丸が皇円の下へ来た時は皇円晩年のことでした。
 『法然上人行状絵図』によりますと源光は勢至丸の非凡さ故に、皇円の下へと勢至丸を送るのですが、その間わずか二ヶ月となり、それほど優秀な弟子ならば自分の下で学ばせたいと思うのが通常だとは思われますが、勢至丸が皇円の下で天台宗について学んだことは間違いないと思われます。 そしていよいよ勢至丸の出家得度の日がやってくるのです。 
 


[PR]

# by hechimayakushi | 2016-02-07 21:09 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 14日

私説法然伝12

『私説法然伝』(12)出家への道⑦
  先月号では伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)の構築した日本の佛教の言わば総合大学としての比叡山延暦寺について書きました。勢至丸こと法然上人は佛教の総合大学となった比叡山延暦寺へと登るわけですが、その登った年は各伝記によって違いがあること(十三歳説・十四歳説・十五歳説)、受戒は十五歳とされることなどは以前に書きました。そしてその出家から受戒という佛教における修道のプロセスについて書いてきました。 今回よりいよいよ勢至丸が「法然上人」となっていく部分へ入ります。
年代については諸説あるものの、勢至丸は比叡山延暦寺へと登るために故郷である美作国を出発した。まだ幼き近衛帝(このえてい)の御代である。その政治的実権は鳥羽院(上皇)が握っていた。永治(えいじ)元年(一一四一)鳥羽院は崇徳帝(すとくてい)に譲位(じょうい)を迫り寵愛(ちょうあい)する美福門院得子(びふくもんいんとくこ)(藤原得子)の子である近衛帝を即位させ治天の君として君臨していたのである。崇徳帝にとっては大きな遺恨となる出来事であり、それがやがて大きな政治的混乱と政争を巻き起こすのである。院政期の絶頂期とも言える時代であるが、藤原摂関家の権勢を取り戻そうと長い謹慎生活から政界へと復帰した藤原忠実(ふじわらただざね)卿とその子である忠通(ただみち)卿・頼長(よりなが)卿らが奔走している時代でもある。また新興貴族である院の近臣の藤原家成や伊勢平氏、いわゆる後の平家が力を持ち始めた時代でもある。『法然上人行状絵図』によると久安三年(一一四七年)の春二月十三日に京の都の南の入口とも言える鳥羽の作道(つくりみち)にて摂政であった藤原忠通卿と勢至丸が出会ったとある。忠通卿の車列(牛車)が通り過ぎるのを下馬して道の傍らで控えていた勢至丸を見た忠通卿は「どこから来たのか」と尋ねた。勢至丸の供の僧が事情を返答し、忠通卿が勢至丸に会釈して去ったとある。忠通卿は勢至丸が只者では無いと思ったと記述されている。事の真偽は定かではないが、後に卿忠通の子である九条兼実卿が法然上人に深く帰依したことを示唆するものであろう。従者になぜ勢至丸のことが気になったのかと尋ねられた忠通卿は「あの者は目から光を放っていた。只者ではあるまい」と語ったという。その当時の法然上人がどのような姿で、どのような心持ちで入京したのかは今となってはわからないが、母も伯父も親類縁者も故郷からも離れてまったく見知らぬ土地で新しい人生のスタートを切る、比叡山延暦寺という佛教の総合大学へ登ることへの不安と期待が入り混じった心境であったと推察されるのである。】

[PR]

# by hechimayakushi | 2016-01-14 02:04 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 16日

私説法然伝11

『私説法然伝』(11) 出家への道⑥
  先月号では「伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)」による日本の佛教のターニングポイントの発生まで書きました。今月はそのターニングポイントについて書きたいと思います。
 伝教大師最澄は遣唐使として唐に渡り天台宗(正式には天台法華宗と言う)について学び、その内容を日本に持ち帰ります。最澄が唐に渡ったのは延暦(えんりゃく)二十三年(八〇四年)で、翌年の帰国となります。一年間の間に天台佛隴(ぶつろう)寺の行満(ぎょうまん)および天台宗第七祖道邃(どうすい)より天台宗を学び、菩薩戒を授かります。そして天台山禅林寺の翛然(しゅくねん)から禅、越州の順暁(じゅんぎょう)から密教を学びました。
 帰国後の最澄は不遇の時代を迎えます。帰国直後は桓武天皇の佛教刷新運動の中で天台宗を国家仏教の中での正式な一つの学派として認められるなど順風満帆に見えましたが、朝廷の弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)の重用や、「すべての人々が仏となれる可能性を持っている」という最澄並びに天台宗の最高経典である法華経の「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」思想に対する法相宗の徳一(とくいつ)との論争(三一権実諍論・さんいちごんじつそうろん)などによって最澄はその地位を低下させていきます。 その流れの中で従来の枠組み(国家仏教の枠組み)に限界を感じた最澄は自ら声聞具足戒(従来の出家戒)を捨て、新しい大乗仏教のあり方を構築することになりました。
 弘安九年(八一八年)に定められた「山家学生式(さんけがくしょうしき)」という日本天台宗のルールと方向性が示されたものに集約されています。
 それまでのインド・中国そして日本の佛教(上座部・大乗問わず)では出家者は必ず声聞具足戒を受けることになっていましたが、最澄は「山家学生式」においてそれを否定し、大乗菩薩戒の受戒のみで良いとしたのです。それは明らかに従来の佛教教団の在り方と相反するものでした。言わば僧侶という概念の再構築とも言えるものです。 歴史的に見て声聞具足戒を受けない「出家者」は存在しましたが、それを正式に制度化し「菩薩僧」という新たな枠組みを構築したのです。しかし、大乗菩薩戒には具体的な行動規範が伴わないため、大乗菩薩戒を受けた者は十二年間の籠山行(ろうざんぎょう)を行うなど様々な罰則つきの規則を設けました。これが実質的な「律」(具体的な修行のためのルール)として機能することになったのです。決して誰でも簡単に僧侶になれる、というわけではなく、また十二年間の籠山後に比叡山延暦寺以外で「正式に」活動する場合には国家により規定された佛教の枠組みに従うように制定されたので、国家仏教から完全に外れたわけではありませんでした。 
 しかしながら最澄の構築した枠組みは僧侶のあり方や佛教の方向性の変革に違いありません。最澄によって開かれた天台宗・比叡山延暦寺はこの後、日本の佛教の言わば総合大学として多数の僧侶を輩出することになります。

[PR]

# by hechimayakushi | 2015-12-16 02:29 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)