へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 09日

8月のことば

「名号に心をいるるとも、こころに名号をいるべからず」一遍智真『一遍上人語録』より

「名号」とは南無阿弥陀仏。
「こころ」とは、「自分の力でなんとかしよう」とするこころである。
極楽往生は自らの力で成すものではない。
阿弥陀仏によって成されるものである。

凡夫というものは常に自らの力でなんとかしよう、何とかできると思い、事象に囚われてしまう。
それを我執という。
よく我執を捨てよ、と言うが我執は捨てられないものである。
覚りとは我執の我なぞない、と覚ることである。
極楽浄土とは覚りそのものである。
覚りも極楽浄土も我執を離れたところにある。
そして、仏教とは覚ることであり、覚ることが仏教である。

俺が、私が、極楽浄土へ往く、のではない。
覚りに俺も私もないのである。
[PR]

by hechimayakushi | 2012-08-09 20:52 | ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toujyuji.exblog.jp/tb/15940330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 9月のことば      7月のことば >>