へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 11日

私説法然伝23

『私説法然伝』(23) 法然誕生⑦

 先月号では藤原摂関家における不協和音について書きました。今月はその続きになります。

【久安(きゅうあん)六年(一一五〇年)一月四日のことである。近衛天皇が元服し頼長卿の長女多子(まさるこ)が同月十日に入内する。そして十九日には女御となる。それに対して忠通卿は二月に藤原伊通(これみち)卿の娘呈子(しめこ)を入内させた。これにより忠通・頼長兄弟の対立は修復不可能となったのである。そして忠実卿は強硬手段に出る。藤原摂関家の象徴である東三条殿(ひがしさんじょうでん)や朱器台盤(しゅきだいばん)を接収し氏の長者としての地位を剥奪した。姉の藤原泰子(高陽院)も頼長につき、鳥羽院も終始曖昧な態度をとり、忠通卿は関白に留めたまま頼長卿に内覧の宣旨を下すという事態に至った。
 兄弟で関白職と内覧を分けるという異常事態ではあるが、これにより頼長卿は政治的実権を握ることができたことは間違いない。頼長卿が目指したのは何か?藤原摂関家の権勢の回復もさることながら、最も重視したのは律(りつ)と令(りょう)、そして儒教的な思想に基づく政治体制である。つまり法律と倫理による政治を行おうとしたのである。
 その姿勢は論理的に明確かつ理想的ではあったが、周囲の理解を得ることはできず、鳥羽院の寵臣の藤原家成卿との争いもあり、鳥羽院より疎んじられることになっていく。やがて政治的に孤立し、それが争乱の一因となるのである。
 久寿二年(一一五五年)七月、近衛天皇が崩御する。後継者を決める王者議定(おうじゃぎじょう)の場に参加したのは源雅定(みなもとのまささだ)卿と三条公教(さんじょうきみのり)卿で、いずれも美福門院得子(びふくもんいんとくこ)と関係の深い公卿だった。候補としては重仁(しげひと)親王が最有力だったが、美福門院得子のもう一人の養子・守仁王(もりひとおう・後の二条天皇)が即位するまでの中継ぎとして、その父の雅仁(まさひと)親王が立太子しないまま二十九歳で即位することになった(後白河天皇)。 突然の雅仁親王擁立の背景には、雅仁親王の乳母の夫である信西入道の思惑があったと言われる。
 世間には近衛天皇の死は忠実・頼長が呪詛したためという噂が流れていた。頼長卿は内覧の宣旨を解かれ政治的に失脚し、忠実卿は頼長卿を謹慎させ連絡役である泰子(高陽院)を通じて法皇の信頼を取り戻そうとしたが、十二月に泰子(高陽院)が逝去したことでその望みを絶たれた。
 兄弟間の対立や頼長卿の清廉なれど独善的な政治によって藤原摂関家そのものの力をまた失っていったのである。
 そのような状況の中で保元元年(一一五六年)、鳥羽法皇の崩御となったのである。それは藤原摂関家の「権勢」の崩壊の序章となるのであった】

[PR]

by hechimayakushi | 2016-12-11 23:24 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toujyuji.exblog.jp/tb/23458998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私説法然伝24      平成28年糸瓜薬師御正当 >>