へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 12日

私説法然伝26

『私説法然伝』(26)極楽への道①

 先月号では保元の乱から法然上人と高橋茂右衛門との出会いについて書きました。今月はその続きになります。

【答えを見つけることができない。それは法然上人にとって苦難であり、苦悩であり、絶望的な状況であったと思われる。しかし保元元年(ほうげんがんねん)の旅は法然上人にとって一つの道を指し示されたと言える。
 まず今まで自分自身の中で「常識」であった考え方と方法論との決別を決意することができたと考えられる。
 そして自分自身が今まで知らなかった何か別の「答え」を見出さなければならないということである。
比叡山に戻られた法然上人は経蔵(きょうぞう)へ籠もられたという。だがそれは以前のように「自分自身のさとり(佛となる)を求めるもの」または「僧侶としての修学に励むこと」とは違った意味合いを持っていたに違いない。「衆生(しゅじょう)」という「生きとし生けるもの全て」を対象とした「模索」が行われたのではないだろうか?
 もちろんその「模索」に至るプロセスは存在したであろう。結果として保元元年(一一五六年)から二十年近い時間をかけて承安(じょうあん)五年(一一七五年)の春に法然上人は「答え」に到達される。一つの答えに到達するまでには膨大なプロセスが存在する。 法然上人のプロセスにおいて重要な事が一つあった。それは「常識」との決別である。それは「三学の器(うつわもの)に非ず」という法然上人の言葉に集約されている。三学とは仏教における方法論の全てを表し、自分自身はその方法論では「さとり」に到達できない者であるという自覚をされたことである。それを言い換えるならば法然上人は自らが「凡夫(ぼんぷ)」であると言われたことになる。そしてそれが意味することは三学の放棄となる。 法然上人は三学ではない別の方法論を模索されることになったのだ。】
 

 法然上人は長い年月をかけて一つの答えに到達されることになるのですが、その「答え」だけを見ても実は「正解」がよくわからないのではないでしょうか?
 数学で言うならば、答えとなる数字だけを見ても、その答えに至る公式や道筋も見なければそれが本当に正しい答えなのかどうかの判別がつかない事に似ているかもしれません。
 法然上人が「正解」に至るにはまず「三学の器に非ず」つまり「凡夫」という概念に始まるプロセスが必要となったのです。

[PR]

by hechimayakushi | 2017-03-12 23:02 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toujyuji.exblog.jp/tb/23714429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私説法然伝27      私説法然伝25 >>