へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 13日

私説法然伝38

『私説法然伝』(38)王家と平家の時代③

 先月号では後白河天皇と信西入道の目指した政治の動きに関して書きました。今月はその同時代の動きについて書きます。

【保元(ほうげん)の乱の勝利者は後白河天皇と信西入道であると言えるが、その勝利の決め手となったのが有力軍事貴族であった平清盛(たいらのきよもり)・源義朝(みなもとのよしとも)らであった。院政期において活発化した貴族の軍事化と武士団の発展であるが、それは各地方での経済活動の活発化に伴ったものである。奥州、つまり現在の東北地方は前九年(ぜんくねん)の役・後三年(ごさんねん)の役という戦乱を経て奥州藤原氏が支配する土地となっていた。その影響は現在の北海道南部まで及んでいた。当時の北海道には擦文(さつもん)文化人とオホーツク文化人が定着しており、奥州藤原氏はそれらの人々と津軽海峡を通じて人や物の交流を行なっていた。オホーツク文化人はアムール川流域の人々とも交流があり、それをたどれば当時の中国北部の覇権を握った女真族・金王朝との繋がりも伺える。当時の奥州は大陸との交流があったのである。それは様々な物品をもたらした。そして奥州で算出される多数の金、増加した摂関家の荘園地。藤原頼長卿が奥州藤原氏の主であった藤原基衡(ふじわらのもとひら)に荘園からの年貢の徴収と金の献上を増やすように求めたという。基衡はそれに応じて、さらに馬や漆などを摂関家に送り、「中央」との結びつきを強めた。さらにその交流が日本海海運などの物流の発展を生み出し、奥州に京の都の文化が流入し、絢爛な平泉の文化が生み出されたのである。
 院政期末というのは各勢力の独立独歩の発展の時代である。奥州藤原氏はその代表格であり、先に登場した神人・悪僧(じにん・あくそう)もそうであり、様々な職能人のギルド的集団、経済の発展に伴い増えた金融業者など、それぞれが独立独歩の発展をとげたのである。それに対して統制を強めたいのが「中央」、つまり摂関家であり天皇=王家であり、まとめて呼称するならば「朝廷」となる。
 北方における大陸との繋がりが奥州藤原氏にあったならば、「中央」から見てもう一方の交流点が西方・九州からの交流となる。白河帝により造営された鳥羽離宮は、桂川と鴨川のすぐ側にあった。京都南郊にあった巨椋池や宇治川にも近く水郷地帯となっていた。この鳥羽離宮の半分は池になっていた。桂川・鴨川は合流して淀川となり、大阪湾へと繋がっている。そして瀬戸内海へと繋がっていたのである。鳥羽離宮は海上交通の要所であったのである。この海の道は宋との交流の道であった。白河帝の後の治天の君であった鳥羽帝がこの海上交通を押さえる為に重用したのが伊勢平氏の棟梁であった平忠盛(たいらのただもり)であった。】

[PR]

by hechimayakushi | 2018-03-13 09:58 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toujyuji.exblog.jp/tb/238387218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私説法然伝39      私説法然伝37 >>