へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 27日

私説法然伝45

『私説法然伝』(45)王家と平家の時代⑩

 先月号では平清盛が政権の全盛について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【後白河帝は嘉応(かおう)二年(一一七〇年)清盛のいる福原へ行幸し、宋人と会っている。その時代の日宋間の貿易の拠点は福岡であった。清盛は福原・大輪田(おおわだ)の泊(とまり)を整備し、日宋貿易の新たな拠点とすることを目指していた。後白河帝も進歩的な思考であったらしく、清盛の路線には理解を示していたという。承安(じょうあん)二年(一一七二年)に宋の皇帝考宗(こうそう)の兄の趙伯圭(ちょうはくけい)から、後白河帝と清盛に供物が届いた。そこには「日本国王に賜ふ物色、太政大臣に送る物色」とあった。これが無礼であると物議を呼ぶことになる。金に押され宋は衰えたとは言え「中華」である事には変わりなかった。そのため皇帝より「日本国王」への贈物という事であったのだ。翌年には返礼の品が贈られ、公式ではないが公的な性格を持った日宋貿易が開始されたのである。これにより清盛の狙いである宋銭の大量輸入が本格化していく。当時の朝廷=国家は「絹」を基軸通貨として扱っていた。つまり絹を基軸に物価が決まり、その物価を元に財政が行われていた。しかし宋銭の流通により、絹の価値が低下する。これにより朝廷の財政力が低下することを恐れたのが後白河帝であった。しかし世界的な経済交流の大きな流れの中で、清盛によって始められた「グローバル化」の流れを止めることは不可能であった。これが「後白河帝=王家」と「清盛=平家」の時代の全盛期であると同時に対立の始まりであったのである。一見すると安定した政権が始まったようであったが、実態としては次の争いの始まりであり、それは日本が新しい時代へと突入したことでもあった。】

 院政期というのはある日突然終わり、武士の時代が来たというわけではないと以前に書きましたが、ここまで数十年の流れを追って見ていくと、それがどういう意味かがはっきりとしてくると思います。また新しい時代というものの重要な鍵となるものが意外なものであったりするのです。ただどの時代でも必ず「経済」というものが重要な鍵となることには変わりないと言えます。特に院政期では二つの経済、荘園等を中心とした「土地」の経済と「宋銭」という新しい経済が重要な鍵となっていったのです。

[PR]

by hechimayakushi | 2018-10-27 00:09 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://toujyuji.exblog.jp/tb/238826979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 私説法然伝46      大般若転読修行 >>