人気ブログランキング | 話題のタグを見る

へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2022年 12月 14日

私説法然伝94

『私説法然伝』(94) 助けてほしい⑨

 先月号では法然上人の弟子になる武者・熊谷次郎直実について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【本願念佛の教えに生きる僧侶とは、決して善人になることを目指すのではない。しかし佛という善を目指すことである。本願の意味を知ることは佛の善を知ることであるからだ。我々衆生とは善を知ることはできる。しかしその善を我々がつくることはできない。我々のつくる善には「はからい」どうやっても勝手に何かしらの思惑であるとか欲求がはいりこんでしまう、だから佛の善のような完全な善とはならない。完全な善とは、善因善果つまり良い因縁によって良い結果になるというものであるが、我々が思い行う善がそうなるとは限らないのである。善かれと思ってやったことが思わぬ悪い結果を生み出すこともある。善因悪果となるかもしれないから我々の善は佛の善にはならないのである。
 これをまた言い換えれば、自分で自分を助けることができないということでもある。本願の念佛とは、佛の願いと救う力によって自分が助けられているのだと自覚するはたらきである。それを言い換えれば自分で自分は助けられないということである。そして他者も助けられない。だから本願念佛の教えに生きる僧侶は、他人を助けることはできない。しかし助かるということはどういう事かを知ることができるし、知ったならばそれを他者に伝えることもできる。だからこそ法然上人はただひたすら本願念佛の教えを説かれつづけた。そして熊谷次郎直実のようにその教えを聞き、本願念佛の教えの意味を知ることで救われる者がいた。それは善因善果であるが、あくまで本願念佛による善因善果であり、阿弥陀佛による善因善果である。阿弥陀佛という佛の善によって善が生み出されるはたらきの中で生きることが、本願念佛の教えの中で生きる僧侶にとっての善である。
 熊谷次郎直実には助けてほしいという願いがあった。その助けてほしいという願いはすでに阿弥陀佛によって成就されている。だがそれを知ることは、佛の善によって知ることになるが、その善に出会えるかどうかは我々の「縁」次第である。縁があった熊谷次郎直実は自分自身もまた縁を広めるため僧侶となった。そして実際にその「縁」は広がっていくのである。】

熊谷次郎直実こと法力房蓮生の僧侶としての生き方を追っていくことで、実は僧侶という生き方そのものが見えてくるような気がします。


by hechimayakushi | 2022-12-14 22:54 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)


<< 令和5年・新年のことば      私説法然伝93 >>