人気ブログランキング | 話題のタグを見る

へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2024年 01月 01日

私説法然伝107

『私説法然伝』(百七)法然の法難⑤

 先月号では法然上人の元久の法難から建永の法難について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【法然上人の法難、つまり公的な迫害に関しての「なぜ起こったのか?」という点を理解するには、歴史的経緯と同時に構造的な理解も必要となってくる。つまり法然上人の仰られていた事や考え方がどうして迫害につながったのか?ということである。
 法然上人の思想、これはつまり阿弥陀佛とは何か?という事を法然上人がどう理解していたのか?という点に尽きる。これは、阿弥陀佛とは全ての存在を救うことを願い、その願いを成就した結果である、という理解であったことは間違いがない。なので法然上人のお念佛とは救われた事への報恩感謝から起こる念佛である。これが法然上人にとっての安心(あんじん・救われたという理解)と起行(きぎょう・救われたことへの報恩感謝)である。法然上人にとってそのありがたさが全てであった。なので法然上人は繰り返し、ひたすらそのありがたさを人々に伝えられ、お念佛を勧められたのである。
 そのお念佛を勧められたことで、人々に教えは伝わるのだが、身近で毎日法然上人の言葉を誰もが聞けるわけではない。距離があればあるほど正確に全てを伝え、理解することは難しくなる。なので法然上人の教えを間違ったかたちで理解してしまう人々も多くいた。
 そもそも法然上人が説かれた教え、とは法然上人の教えではなく、釈尊の説かれた阿弥陀佛の真実であり真理そのものである。これは浄土三部経というお経に明らかにされていたことであり、今までの解釈ではその真実が正しく明らかにされていなかったことを善導大師が独り明らかにされていた。それを法然上人が発見されたわけである。
 だが、私たちはその事実の関連性を間違えやすいのである。阿弥陀佛とは真理そのものであり、真理とは救いそのものである。それはそのままでは誰も理解ができないものであり、さとりを開かれた=真理を理解した釈尊でしか理解できない世界なのである。だから釈尊は理解できるかたちで浄土三部経という言葉で真理を残された。しかし言葉で真理は顕(あらわ)しきれないものであり、それを読み解くことも難しい。
 善導大師はそれができたのである。だから法然上人は善導大師を「師」とされたのだ。佛の教えとは師資相承の教え、つまり師僧から弟子へと伝えることが基本となる。釈尊は佛となられたので、その力や能力を使って正確に教えを伝えることはできたが、釈尊以降はそれが難しくなっていく。どうしても言葉の力だけでは完全に確実に伝えることは難しい。
 法然上人もまたその難しいことをひたすら繰り返し、繰り返されたのである。だが、やはり間違ったことが起こってしまう。そこで他の宗門からの非難が起こるのである。責任論で言えば法然上人にも非があるとされてしまう。朝廷は法然上人の教えそのものを否定せず、あくまで弟子や信者が間違った理解をしたことで間違った結果になったと理解した。これは自然な理解である。興福寺は佛教として、より厳しく法然上人の責任を迫った。これもまたある意味では佛教の厳しさの一面でもあるかもしれない。
 法然上人の法難、迫害の構造の一つはその佛教の持つ構造そのものの一面でもあった。しかし法然上人という枠組みを飛び越えたところにも法難の原因が発生してしまうのである。これが建永の法難のもう一つの構造となるのである。
 建永元年(一二〇六年)十二月九日後鳥羽帝の熊野行幸の最中に事件が起こるのである。この事件が引き金となり、法然上人にとって最大の苦難とも言える法難が起こるのであった。】 


by hechimayakushi | 2024-01-01 09:43 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)


<< 私説法然伝108      私説法然伝106 >>