人気ブログランキング | 話題のタグを見る

へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2024年 03月 17日

私説法然伝109

『私説法然伝』(百九)法然の法難⑦

 先月号では法然上人の建永の法難について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【後鳥羽帝に仕える女官が出家してしまう、しかも興福寺によって訴えられている最中の法然上人の弟子による事件である。伝記によればこの事を悪く後鳥羽帝に伝える者がいたようであり、また慈円の『愚管抄』によれば女官が院の御所へ弟子たちを招き入れ説法を聞き夜が遅くなったので泊まらせたとある。つまりはスキャンダルとして伝聞してしまったのであろう。
 後鳥羽帝は当然の事ながら怒り狂った。自分が留守の間に、自分に仕える院の女官が勝手気ままに出家したのだから当然の事とも言える。現代で言えば女性高級官僚が大臣の外遊中に許可も得ずに転職してどこかへ行ってしまったようなものでもある。 女官=女房はその立場や地位は様々であり、時代によっても位置づけは変わるが、いわゆる院政期から鎌倉時代においては女院(皇后など天皇に次ぐ地位の女性)の数が増えたことにより、自然とそれに仕える女官=女房の数も増えた。
 安楽房と住蓮房の元で出家した女官は、一説には松虫・鈴虫という二人の女官であり、また一説には伊賀局亀菊、また坊門局ともされるが仔細不明な点が多い。後鳥羽帝の愛妾とも言われるが、その点も不明である。愛妾であれば後鳥羽帝の熊野行幸に従う可能性もあり、留守を預かりながら鹿ヶ谷まで安楽房と住蓮房の別時念仏法要に出かけるという点から考えるとそこまで重要な地位の女官ではなかったのかもしれないが、後鳥羽帝の怒りから考えると、後鳥羽帝にとって怒る理由がある程の人物であった可能性は高い。
 朝廷という法の執行機関を飛び越えて、後鳥羽帝の怒りは執行されることとなった。これには女官の出家というスキャンダル化された出来事、つまり自分の顔に泥を塗られたという怒りだけではなく、そもそも朝廷の上に君臨する「治天の君」として興福寺の訴えを聞きながらも、法然上人という当時における革新的な宗教思想家を理解し、その争いを自分の意向の中で納めることで、興福寺の上にも法然上人の上にも立つ、全ての存在の上に君臨する存在であることを示していた事を台無しにされた怒りがあったものと考えられる。
 これは極めて政治的に高度な思考を後鳥羽帝はされていた事の裏返しとも考えられる事である。後鳥羽帝はまさに「王」と言える存在であった。その能力と行動は「王」としてのものであり、それは白河帝から続く「治天の君」のなんたるかを示すものでもあった。君臨すれども統治せず、ではない、君臨し統治する存在が「治天の君」であったのだ。だからこそ後鳥羽帝は激怒し、処断する必要に迫られたと言える。
 安楽坊遵西並びに住蓮房は、死罪となった。これは僧侶に対する処罰としては異例の事である。だが、その異例をもってして「治天の君」のなんたるかを示したのである。そして今までは(おそらく高度な政治判断も含めて)弟子の不行状・不始末の責任までは問われなかった法然上人並びに法然上人の教団そのものへも処罰は下ることになってしまったのである】

 ここまで一気に「法然上人の法難」の一連の流れを書いてきました。これらはひとまとめに「建永の法難」とも「承元の法難」とも言われますし、比叡山延暦寺での法然上人への弾劾と興福寺奏状への朝廷の裁定までを「元久の法難」とし、それ以後の法難を「建永の法難」と分ける考え方もあります。ここでは「元久の法難」と「建永の法難」を区別しながらも、連続していることから一つの流れとして書きました。この「法難」という災難によって法然上人とその周辺は大きく変わることになります。
 興福寺奏状の様な他宗派からの攻撃と、法然上人の弟子の行いの結果と、朝廷や後鳥羽上皇の政治判断などの様々な要素が絡み合い、最終的には後鳥羽上皇という当時の権力構造の頂点に立つ存在がどういうものであるのか?という点をよくよく理解すると、その災難の解像度が上がるものであると思います。最高権力者が最高権力者たらんとするところに、法然上人の悲劇と転換点があるのです。


by hechimayakushi | 2024-03-17 19:14 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)


<<      私説法然伝108 >>