人気ブログランキング |

へちま薬師日誌

toujyuji.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 11日

私説法然伝43

『私説法然伝』(43)王家と平家の時代⑧

 先月号では藤原信頼のクーデター・平治の乱の顛末について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【その時、平清盛の気持ちというものはどうであったろうか?もはや「藤原摂関家」の権勢は失墜し、「治天の君」も力のある近臣を失い、平家一門に頼るしか政権運営が行えない事は明白であった。永暦(えいれき)元年(一一六〇年)にはついに参議に昇進し「武家」としてはじめて公卿となる。つまり「政権」への参加が始まったのである。平氏一門は重要な役職を握り、知行国も増加していった。二条帝の崩御により後白河院政が確立されると平清盛の重要性と権勢はますます高まった。永万(えいまん)二年(一一六六年)に清盛の娘盛子は夫の関白基実(もとざね)卿の死去にともない広大な遺領を引き継ぐ、これにより「平家」の支配地域は日本随一となった。 仁安(にんあん)二年(一一六七年)清盛は従一位太政大臣となった。後白河帝も手出しできないほどの力を持った平家であるが、後白河帝は平清盛の子の重盛を院の近臣として重用し、全国の軍事警察権を与えることによってパワーバランスを保つ事にした。この頃から清盛は「平家納経」に代表されるように、瀬戸内海からの海上交通権の掌握に力を入れ始める。仁安三年(一一六八年)後白河帝と清盛の義理の妹である滋子との子である高倉天皇が皇位につくと清盛は出家をする。京都を離れ摂津国福原の山荘へ移り住み大輪田泊(おおわだのとまり)の修築に力を入れる。これらは全て宋との交易を目指したものである。宋との交易によって莫大な富を日本にもたらし、その富は九州から瀬戸内海の各領主にも利益をもたらした。この構図を背景に清盛は西日本を完全に掌握する事を目指したのである。宋との交易において清盛が行った最も重要な事は「宋銭」の輸入である。宋銭という他国の通過を輸入し、自国の主要通貨としてしまったのである。清盛は宋との交易を通じて西日本の掌握を目指すと共に、日本の経済革命と経済活動の全ての掌握を目指したのである。】  

ついに平清盛は念願の「公卿」となると共に軍事力を背景として京の都の掌握、そして太政大臣という事実上国家のトップとなりました。そして宋との交易によって莫大な富を蓄え、宋銭の輸入という前代未聞の政策を打ち出します。物々交換に近い経済活動が主流であった外国との交易に経済革命をもたらし、経済活動を活発化させたのです。貨幣を蓄えることによって経済成長が起こり、経済規模を拡大させました。日本史だけでなく世界史的にも稀な経済改革を行ったのです。


# by hechimayakushi | 2018-09-11 20:20 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 24日

8月のお知らせ

8月5日~15日お盆のお参り
8月8日へちま薬師ご縁日・通常通り
8月10日と11日午前7時より平和公園へ出張いたしています
8月17日午前11時より初盆大施餓鬼・午後1時より一般大施餓鬼
    
※お盆中は8日以外はご祈祷お休みとなりますのでご了承ください




# by hechimayakushi | 2018-07-24 15:04 | 寺務日誌 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 14日

私説法然伝42

『私説法然伝』(42)王家と平家の時代⑦

 先月号では藤原信頼のクーデター・平治の乱の始まりについて書きました。今月号はその続きについて書きます。

【内大臣三条公教(ないだいじんさんじょうきみのり)卿は信西入道とも親しく、勤勉実直な政務態度で鳥羽帝からも信頼を得ていた人である。三条公教卿は藤原信頼派の専横に危機感を抱き清盛と協力して、藤原信頼派打倒を目指す事になる。清盛は三条公教卿と手を結ぶことで「大義名分」となる「玉体(ぎょくたい)」を押さえる事を目指したのである。三条公教卿は二条天皇親政派である藤原経宗(ふじわらのつねむね)と藤原惟方(ふじわらのこれかた)と接触し、協力を得る事に成功する。二条天皇親政派は反信西入道派ではあったが、反信西入道という目的の為に藤原信頼派と結んでいただけに過ぎず、目的が達成された今は藤原信頼派の専横には困り果てていたからである。こうして反藤原信頼派が形成された。三条公教卿らは「玉体」=二条天皇を内裏から平氏一門の本拠地の六波羅館へ行幸として移す事を計画する。十二月二十五日の夜、藤原惟方は仁和寺に居た後白河帝に計画を告げ脱出させる事に成功した。そして二条天皇も内裏を脱出し六波羅館へと移った。この事はすぐに公卿らに知らされ、続々と清盛の元へ公卿らが集まることになった。そこには藤原摂関家の忠通卿の姿もあった。藤原信頼派の追討の宣旨も下され、平清盛ら平氏一門の軍勢は名実共に「官軍」となった。二条天皇・後白河帝らの六波羅への「行幸」を知った源義朝は藤原信頼卿を「日本第一の不覚人」と罵ったと言う。源義朝らは軍勢を率いて出陣することになるが、この時点ですでに勝敗は決していたのである。義朝の軍勢は平氏の軍勢の前にあえなく崩壊し、藤原信頼卿と藤原成親卿は仁和寺の覚性法親王(かくしょうほっしんのう)の元へ出頭し、藤原信頼卿は死罪となり、平重盛の義理の兄である成親は温情からか解官(げかん)(役職の罷免)だけで済まされた。義朝は逃亡し尾張で殺害され、その息子である頼朝も捕らえられてしまう。本来ならば頼朝も殺害される可能性があったが、助命される。この判断が後の平氏一門の命運を左右する事となる。平氏一門は功績により知行国が五カ国から七カ国に増えた。政治の実権を握った藤原経宗と藤原惟方ら二条天皇親政派であったが、後白河帝への「嫌がらせ」を行い、激怒した後白河帝の命により捕らえられ、失脚する。有力な院の近臣達が一掃され、残ったのは平氏一門、つまり平清盛ただ一人であった。】 


# by hechimayakushi | 2018-07-14 17:32 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 12日

お知らせ

ご祈祷は、毎月8日のへちま薬師ご縁日に朝9時から昼3時までご予約なしで承っています。
8日以外のお日にちは予約制となっていますので、お電話にてご予約ください。


# by hechimayakushi | 2018-07-12 13:25 | 寺務日誌 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 14日

私説法然伝41

『私説法然伝』(41)王家と平家の時代⑥

 先月号では平清盛と新たな政治対立について書きました。今月号はその続きについて書きます。

【後白河院政派と二条天皇親政派の対立構造は、それぞれの院の近臣同士の対立であり、それは新たな軍事勢力の協力が必要となった。二条親政派の筆頭となっていたのが二条天皇の伯父でもあり後白河帝の従兄弟にもあたる藤原経宗(ふじわらのつねむね)卿であった。ただし運と成り行きで公卿となったような経宗卿であり、実力の無さは本人も自覚していたのか、信西入道の政治には入り込む事はしなかった。信西入道の政治体制に転機が訪れたのが、後白河帝自らが引き上げて育てようとした藤原信頼(ふじわらののぶより)卿の台頭である。元は鳥羽帝の近臣の子で、奥州藤原氏とも婚姻関係を持ち、武蔵守として東国での勢力を持ち、特に東国での実効支配を進めていた源義朝(みなもとのよしとも)への影響力は大きかった。藤原信頼卿は若くして公卿へと進み、信西入道と対立することになった。そこで反信西入道派を藤原経宗卿と藤原信頼卿らが形成することになったのである。こうして後白河院政派と二親政派の対立構造は信西入道派と反信西入道との対立という構造になり、それぞれが平氏一門と源氏一門という軍事力を擁する事になり、その対立の緊張度は日に日に高まっていったのである。
平治元年(一一五九年)十二月九日の夜、平清盛らが熊野参詣で京の都を留守にしている隙きを狙い藤原信頼卿は軍勢を使い院の御所であった三条殿を襲撃する。信西入道は危機を察知して逃亡に成功したが、後に土中に箱を埋めた中に隠れているところを発見され殺害される。信西入道の息子等は捕縛され配流されてしまう。後白河帝は二条天皇と共に軟禁状態におかれ、反信西派グループによるクーデターは成功したかのように見えた。信西派であり最大軍事力を持つ平氏一門の棟梁である清盛は、このクーデターの情報を翌日には知ることになった。清盛はここで一つの決断を迫られる事になる。京へ戻るか、逃げるかである。清盛は京へ戻る事にした。京へ戻れば清盛も殺害される可能性はあった。事実として軍勢を率いて東国より京へ参陣した源義朝の子の源義平(みなもとのよしひら)は清盛暗殺を藤原信頼卿に進言している。しかし藤原信頼卿は姻戚関係にある清盛を取り込む事を考えていた。清盛の京への帰還の決断は成功したのである。そして清盛は藤原信頼卿に恭順の意を示し、表向きは藤原信頼卿のクーデター体制に従う事にしたのである。清盛の率いる平氏一門は軍事力では藤原信頼派を圧倒していた。源氏一門の主力は東国にあり、クーデターの為の兵力は隠密行動の為に最小限に抑えられていたからである。清盛は虎視眈々と反撃の機会を伺う事になるのだが、その為には「大義名分」すなわち「玉体」を押さえ必要があった。そこで清盛はある勢力と手をにぎる事にしたのである】


# by hechimayakushi | 2018-06-14 14:13 | 私説法然伝 | Trackback | Comments(0)